12年ぶりの再会。

学生時代の同窓会とかならわかる。

でも音楽の世界で

ましてやインディーズシーンの中での再会劇。

もはや全盛期の三沢光晴が前田日明にエルボーを叩き込む位に

可能性なきありえない話し。

それが目の前で起こった奇跡の物語。


広末が結婚したらしいぜ!と
煮え切らない純情な感情で歌い明かしてた涙目の2003年冬。

路上ライブで、どっちつかずの音楽を歌っては浮いたり沈んだりしてた。

当時、今じゃ想像も出来ん位の爽やかな好青年は
皆で楽しくワイワイと、時折コミカルに歌う事で笑いと人を集め

盛り上がる程に、腹が立って来るという理不尽な習性があった。

「あれ?何ヘラヘラしてんの俺。こんな事がやりたかったのか?違くね?」

そうなると、狂気の沙汰系と当時呼んでいた自分の引き出しを開ける。

「蓋」

「心臓には時限爆弾が付いている」

「曖昧な羊」

当時の狂気の沙汰三部作を歌う。

なんか怖い。と
見事にサーーーッと人はいなくなった。

漫画の世界で北風に木の葉が舞うあの感じ。

いいんだ。俺の歌いたい事はこっちなんだ。やりたいようにやれよ。

そんな時だった。

ギターを持った独りの男だけがニコニコしながらこっちを見ていた。

「時限爆弾!いいね~!!今度イベント出てよ!」

その漢の名は「イノガシラケンジ」と言った。

「アコギでパンクロックを感じる奴を探してたんだ。」

そういう経緯で出演した曼荼羅でのイベント

「パンクロックでこんにちは」

これが全ての始まり。

路上で否定され続けて来た部分が
ここでは肯定された。

胸張って狂気の沙汰になれたから
盛り上がってワッショイ!やってる自分も消化出来たんだ。

音楽性は違えど
そこに出演していたアーティストで1番

「よくわからない何か。」を感じて印象に残っていたのが「森の木狩り達」

いつだって友達も女も音楽も理屈じゃない。
心を動かされるものなんて、理屈を超越した何かである。

あの日から、別に何があったわけでもない。
共演したわけでもない。
お互いの存在だけ、他のLIVEハウスのスケジュールで

名前を見る度に「おっ、やってるな。」
「もりきこ」に名前変えたんね。と何処かでいつも目にしていた。


再会のきっかけは、思い切って俺から別のイベントのオファーを出したのが始まり。


もりきこのステージを見ながら

良い意味であの日と芯は変わらないまま
全てがスケールUPしてる事が嬉しくて飲み干したビール。

まさに時空を越えて楽しかった。

何だろうか。

12年の時を経て

逆にこれからは頻繁に共演する事になりそうな気がした2015年梅雨。

この日の天気予報

降水確率0%の鶴見の街に

ひたすら雨が降り注いでいた。

世の中にありえない話などないんだぜ。


なぁ。イノガシラケンジさん。

あの日、貴方に声をかけてもらえてなかったら
今の自分はどんなミュージシャンになっていただろうか。

見せたいなぁ。

今の自分のステージも

あの日の貴方の様に

自分の足で探し、出会ってきた自慢の戦友達のステージも。




~LIVE予告~

■7月12日(日) 錦糸町rebirth
「日曜日の使者たち Vol.34」
開場 17:30 開演 18:00 CH¥2.000+1ドリンク代
DEVILTRUCK’S/関根 誠/POP RADIO/千年 弘高
※弾き語りにて千年弘高を表現します。

■ 7月14日(火) 新宿SACT!
開場19:00 開演19:30
前売:2,000円/当日2,500円+1D代
出演:コムロトモユキ/新谷隼平/みのり/千年弘高
※弾き語りにて千年弘高を表現します。
※出番21時30分頃

■ 8月16日(日) 新宿SACT!
出演:アクサンデギュー/千年弘高
※弾き語りにて千年弘高を表現します。

■ 8月23日(日) 新宿SACT!
~龍の牙ワンマンLIVE 単独公演~「昇龍維新」
開場18:30 開演19:00
前売:2,500円/当日3.000円+1D代
※龍の牙にて音楽業界に牙を剥きます。
 
■9月6日(日) 新宿SACT!
※詳細未定

■10月25日(日) 所沢市民フェスティバル
「EggTube MUSIC FESTIVAL2015」
所沢航空記念公園野外ステージ
10時~16時
出演:龍の牙/サスケ/JAY'S GARDEN/市原マサヒロ/田中雄也/
ふたば/月光/世莉奈/黒瀬マナミ/Assy/他

■ライブ関するお問い合わせ、チケット予約はこちらから

■2009年10月28日(水) 「闇夜のダンス」
下記サイトにて絶賛発売中!!
闇夜ジャケット    
品番:TPRA-0001
価格:¥1,260(税抜価格¥1,200)



■弾き語り三重奏×和太鼓集団「龍の牙」
PV「出陣の刻」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chitoseblog.blog107.fc2.com/tb.php/805-e8dfe4e0