上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渋谷アピアに向かう移動中に雨がドバッザーーーー!!!!と。

遅刻してんじゃねぇよ!と

そんなに怒るなよ。。と

言わんばかりに打ちつけて来た。


あぁ~こりゃ「独り雨」を歌えって事だなと前向きに理解した。


なんだか今日の渋谷アピア。

お客さんも沢山入ってて

アットホームで楽しかったな。



出来たてホヤホヤの新曲「帰り道」。

リハは練習時間じゃねーーー!!

と言う自分の声をひたすらに無視し

リハ中に何度も歌わせてもらい

本番は無事に歌い切る事に成功。


あれだけメロディーに起伏を付けた曲は

今まで記憶になかったので歌ってて新鮮だったけど

これからまた歌いつつ進化させなきゃなと。


1.仕方ねぇ
2.闇夜のダンス
3.帰り道
4.かくれんぼ
5.黄昏に鳴く
6.独り雨


いやホント。

次のLIVEが来週6月3日新宿SACT!

で、さらに6月9日渋谷アピアラストLIVEと

のんびりピザポテトを食べてる余裕もない感じだけど

なんとか新曲もう1丁!!

と行きたいねぇ。




スポンサーサイト


下を向いて 上を向いて
180度 見渡す限りの道を
ひとつ ひとつ 生き抜く事で
歌える歌があるじゃないか

苦しみを超えた時に
初めて人間のバラットが奏でられると思うのさ。


あっと言う間もないままに
5月28日今夜の渋谷アピアLIVE。

新曲「帰り道」初披露。


どうしようもない日常の積み重ねから
生まれたこの曲。

もう笑うしかない。
って所まで落ちた時に
見える景色。

この曲を聞いて
どんな景色が浮かぶのか

きっと人それぞれなんだろう。

だからこそ

人生はおもしろい。



5月28日(木)渋谷アピア
開演18時50分 
出演19時20分

前売1300円 当日1500円
+ドリンク代


フラッと遊びに来てくれたら嬉しいです。





早朝5時半から野球をし

自分の逆転タイムリーで試合にも勝ち

テンション最高で挑んだ四谷天窓LIVE。


ここ最近では雰囲気も1番LIVEが
やりやすくて好きな場所。

客席もいつだって温かい。


1.闇夜のダンス
2.仕方ねぇ
3.独り雨
4.かくれんぼ
5.黄昏に鳴く
6.八月三十一日


今日は何年かぶりに「独り雨」を歌った。

何とまぁ珍しく失恋ソングなのだけれど


「ボロボロでグシャグシャな水溜りに浮かんだ
ふやけた煙草の吸殻みたいな俺さ」

「アスファルトにこびり付いたガムみたいな俺を」

と、自分自身を表現した言葉のフィーリングが
個人的に好きで、最近歌ってなかった事が不思議になったもんで。





まぁ今日のLIVEはMCに尽きます(笑)


MCで盛り上がり

曲で静まり返る。

これぞ一子相伝千年流奥義炸裂っ!!

見事CDも即時完売っ!!


お客さんに凄い好評だったよ。

と自分にはもったいないお言葉をいただきました。




が、それと同時に新たな課題も見えているので

天窓のスタッフさんとも話しつつ

そこを乗り越えたら「鬼に金棒」との事で

なんてワクワクする言葉だろうと思いつつ

想像すると、いやらしい発想ばかり浮かんで来るので

結局、俺はまだまだなんだと

カシスオレンジ2杯を飲み干して

千鳥足で山の手の満員電車に押し込まれるのであった。




カラス

フラフラと旅ガラス。

高田馬場の路上にて歌う。

騒がしいだけあって苦情なし。


楽しそうな学生の群れ。

これから飲み会。

待ち合わせ。

次から次へ。

果てる事なく。

歌う目の前に広がる性欲のパレード。


鳴いてる歌声。

飲み込まれ。

羨ましそうな目が

威嚇に変わる。



響かない歌声は

叫び声に変わり

いつか枯れ果て

帰り支度。



そんな姿に

声をかけてくれる人。

黙って小銭を置いてってくれる人。

チラシを持ってってくれる人。

缶コーヒーを置いてってくれる人。

一緒に奏でたいと言ってくれたミャンマーの人。



フラフラと旅ガラス。


帰り支度を止め

また歌い出す。





2009.05.18 五月晴れ


ピンチになった時に

下を向くのか

上を向くのか


その差はデカイ。


俺には即座に上を向く強さなんてないけど



下を向いたら水溜りに空が映ってた。



そんな感じで今まで生きてきたんよ。



その位の方が人間的に美しいじゃねぇか。



2009.05.15 路上の乱


新曲が次々に生まれると

自分は天才なのでは?

と勘違いを始める。

そうすると家にいる事さえもったいなくなってくる。

世の中に自分の存在を知らしめないともったいないと。


そんな勘違いから路上LIVEを始めた(笑)


5年位前までは路上こそメジャーだ!

と毎週吉祥寺の街で歌っては警察のお世話になっていたのだけれど

ポップな歌を並べれば人が集まる現状に音楽の方向性を見失い路上から撤退した。


あれから何年もたち

確実に自分の音楽と言うモノが確立されて来たと思う。


今やったらどうなるんだろう?

そんな興味本位もある。


渋谷、下北はすぐに苦情が来てしまったので

今回、ここは大丈夫であろう場所を色々調べ

選んだ場所は高円寺。


駅を降りるとすぐにマイクを使って歌ってるアーティストが2組。


「駅前でマイク使えるなんて素敵な街だな。」


うん。

少し離れた場所を確保。


闇夜のダンス、仕方ねぇ、花咲胸と3曲歌う。


「うるさいから、あっちいけ。」


夜の世界の怖そうな人からの苦情。

身の危険を感じ移動。


それでもわずかの時間で
何人か立ち止まって拍手してくれる事に
路上LIVEの楽しさを思い出す。


反対側の出口にまわり

再び開始。


影法師、三日月、八月三十一日と3曲歌う。


またポツポツと立ち止まってくれる人が増える。

子供の手拍子に気持ちがノッて来る。

警察官まで立ち止まる。


「ごめんね~。110番入っちゃったんだよね~。」


路上LIVEのメッカ高円寺を追い出され

中野に移動する。


商店街の入り口に陣をはる。


スナックのおじさん。

「うるさいのやめてもらえます?」


心が折れる。


帰宅。


マイク使ってOKな人もいれば

生声でもNGな人もいるって事だ。


でも短い時間だったけど楽しかったなぁ。


人に迷惑かけてまで歌うのは違うと思うから

最適な場所を探してしばらく右往左往してみます。



2009.05.14 帰り道


この前、レコーディングメンバーと朝方まで飲みながら
今回のアルバムテーマやタイトルの話になった時に

「帰り道」って言う言葉で熱く語った。

うん。

確かに「闇夜のダンス」も「三日月」も「花咲胸」も

帰り道の風景がぼんやりと浮かんでくる。


そんな事を思いながら

帰り道か・・・・。

と思考回路をぐるぐると回していると

衝動で曲が出来てしまうわけで。

めずらしく三拍子で。



「帰り道」

最後の千円をパチンコ台にぶっ込んで
もうどうにでもなれ! と開き直る

何度自分に負ければ 変われるんだろう

もう来ないと誓った 雑居ビルの7階
寂れたATMの前 溜息ひとつ

ガラス越しに映った 安っぽい自分との約束

いつも自分のせいにして わかった様な顔
心慰める様に 街並 睨みつけ
何も変わらない日々の中
見上げた空はあの頃より遠くに

いつの日か いつの日か
賑やかな街に背を向けて
もう笑うしかない 帰り道


夢を言い訳にして逃げ続けてんだよ
二日酔いで迎えた朝 太陽が頬を叩く
息を止めてデタラメな笑顔で
「おはよう」 
またやり直しさ

いつの日か いつの日か
賑やかな街に背を向けて
もう笑うしかない 帰り道





GWを振り返ろう。

plaplaが終わって寝込んでいると

「二日後レコーディングやるけどOK?」

と唐突に連絡が来たので

咳き込みながら

「もちろん問題ないぜぃ!!ゴホゴホッ・・w」

と威勢良く返答したのであった。


取りあえずテンションを上げようと

見たかった映画「GOEMON」を見に行き

最初の10分で感動のあまりぶっ飛び

最後の10分でガッカリしてトボトボと帰路についたのであった。



さて、かなり間隔が空いてしまったレコーディングだが

これさえ飲めばノドは大丈夫!!

って言う生姜茶を水筒にまで入れて

臨戦態勢OK!!

やったるぜぃ!!

と気合空回り。

その水筒をカバンに入れ忘れてしまうのであった。


しかしそこは百戦錬磨。

リズムを気にしてとか丁寧にとか似合わん事を意識すると

声は出ないのだが

LIVEの如く体を動かしながら、何も考えずに魂で歌うと声が出るのだ。


その度にガラスの向うで盛り上がってる

みんなを横目に

「してやったり。」

と思うのだった。



そして5月6日は日本武道館。

いつもの様に独りプロレス観戦。

帰り際に鉄人、小橋建太発見!!!!


20年ぶりにガッチリ握手!!

思わず口にした言葉は

「小橋さん!いつもありがとうございますっっ!!!」


癌になり命の危険さえ垣間見ず

それでもリングに復帰した男。


引退してこのまま終わる人生よりも

自分にとって生きる事とはリングに上がり続ける事。


小学生の頃から応援し続け

何度も試合見ながら感動のあまり号泣してきましたよ。


表現の仕方は違えど、貴方の様な存在になりたいのだと

右手に残った握手の感触が真顔でそう言ってるのが

九段下の夜に何度も響いた帰り道。



2009.05.07 plaplanight記2


plapla終わって家に帰ると

悪寒がして熱あって風邪引いてた事に気づく。

んで1日寝て温かい鍋食べて完全復活。


さ~て。
沢山の写真の中から選りすぐりをアップしたので
コメントと共にどぞ。



plaplaの柱。

Kz bear。

彼なしではplaplaは語れません。

plaplaBANDは確実に彼が支えてます。

自分自身、彼の音楽性から沢山の新たな血をいただきました。

ありがとう。



plaplaの仕事人。

Wacky。

毎回限られた時間の中で
確実にオーディエンスを沸かせ会場の熱を上げてくれる貴重な存在。

これからさらに飛躍してくはず。

影のMVPと思う。



plaplaBANDベーシスト。

マッスー。

何て言うか存在自体がうまいです。

実はムードメーカーであり、お祭り男。

写真はないけどドラムのKANAとマッスーがplaplaBANDに定着してから
大きな問題やゴタゴタもなく進行して行けていると思う。

貴重な存在。



plaplanightギタリスト。

ヤマダ。

オーディエンスを経て昨年からThe pingとして参加し
今回初のplaplaBANDへ。

色んな経緯を知ってるだけに水を得た魚の様にソロを弾く
彼の姿を目の前で見て何だか泣きそうになりました。

もはやこのイベントに欠かせない存在。

みんな彼が大好きです。



plaplaの貴公子。

廣瀬太一。

俺にはないモノを持ってます。

同世代として刺激的だし、共に頑張って行きたい存在。

今回初めて酔いつぶれた彼が見れて、何だか嬉しかった(笑)

4noteのニューアルバムも楽しみです。



plaplaBANDギタリスト。

ドラゴン。

田中一樹。

彼がplaplaBANDに加入して確実にクオリティが上がりました。

もはや彼のギターじゃないと歌えません。

ステージ上での溢れ出るこの雰囲気に世の男どもは痺れます。

このイベント以外でも今後、戦友として長い付き合いになるであろう。



plaplaの主役。

北バンド。ボーカルギター。

カミジョウ テツヤ。

今回大トリをしっかり務めてくれました。

そのステージングは羨ましい位に見事です。
これからのplaplanightは彼が引っ張って行ってくれるでしょう。

同い年としても目が離せない存在!



卒業生代表 加藤風也。

出演者ではないけれど、今回の主役の一人。

本当にお疲れ様でした。

出会った頃から弟の様な存在であり

LIVEに顔を出してくれる度に感動の涙を見せてくれる事に

どれだけ逆に励まされたかわかりません。

本当にありがとう。



写真アップし過ぎて要領が重たいので今日はこの辺で。


GWにてレコーディングや憧れの人との対面など

報告沢山あるのでまた後日っ!!




plaplanight。

このイベントから沢山の出会いやドラマが生まれた。

今回も引き続き新大久保club voiceにて

叫べ!踊れ!ぶっ飛べ!

のオールナイトLIVE。


もはや外部の人間の為、企画運営からは離れたが
そんな事は関係なく、出演者として参加。

まず弾き語りでは

1.仕方ねぇ
2.闇夜のダンス
3.プカプカ

前回の盛り上がりを越えようと
気合が空回り。

満足の行くステージとはほど遠く、しばらく凹んでたわけで。

それでもすぐにplaplaBANDのステージがあるわけで。

やけになってテキーラなる物を口に含み

喉を燃やしたら心まで燃えて来て爆発した。





1.メンバー紹介
2.Guerrilla Radio(Rage Against The Machine)
3.オルガンドナー
4.雨上がりの夜空に(RCサクセション)
5.花咲胸
En1.smells like teen spirit(Nirvana)
En2.少しづつ

本番の直前に

忌野清志郎が亡くなった!!!

ってニュースが舞い込んで来て

こんなにグッと来る「雨上がりの夜空に」は初めてだった。


もしかしたら清志郎さんが亡くなって

最初にステージ上でスポットライトを浴びて

清志郎さんの歌を演奏したのはうちらが最初なんじゃね?

て、そんな風に歌いながら思った。





爆発しつつも冷静な自分もいて

メンバーの呼吸やテンションをいかにして上げていくか

なんてやりながら考えられる様になってたのは

フロントマンとしての経験値が増えて来たからだと思う。

次やるならこうした方が良くなるって欲も出てきた。


何より心から楽しめた。


久々に酒をがぶ飲みして

訳がわからん位に踊り叫んで

むかえた新大久保の朝。


plaplanightに関わるみんなで

もっとデカイ事をやりたいと思う様になった。


みんな素敵な空間をありがとう!

ちょいと夏に向けて走り出します!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。