今日は独りの仲間の門出を祝うべく
魂込めて歌う意味あるLIVEだった。

MCでも言った様に
人生は突然予想もしないハプニングが起こるわけで
いかにそこを乗り越える力があるかで
その人の本当の姿が垣間見れる。

ヤツの決断は立派だったし
それを想定した準備も出来ていた。


俺はこれで生きる。
だからお前もその道で生きろっ!

そんな感情を胸に歌った。


1.闇夜のダンス
2.影法師
3.背中
4.独り雨
5.灰色の残飯
6.プカプカ


いつまでも同じじゃいれないんだな。
知らず知らず確実に歳を重ねてる。

前へ進めば景色は変わってくから
当時みたくバカやれる回数だってそりゃあ減るさ。

でもそれでいい。
こうやってたまに集まって酒でも飲めればいい。

だからこそこの空間が意味のある物になってく。
俺のLIVEが、みんなが集まるきっかけになればいい。

こりゃやめられない理由が増えたな(笑)





「独り雨」を歌いながら
門出の気持ちになったのは初めてだった。

最後くらい格好付けたかったんだ!
これで良かったんだ。言い聞かせた帰り道・・。

何度も何度も別の自分と葛藤して
見つけた答えなんだと思う。

大切なのは決断した後、どう生きるか。


「プカプカ」はさすがにね
うちらの思い出の曲なわけで
色々思い出して泣けてきた。


もう少し何も考えず プカプカと浮いていたい
そうすりゃいつの日か お日様が昇って
こんな馬鹿でも照らしてくれる 気がしたよ

わかってる・・わかってる・・わかってる。






いつなんどき、何が起こるかわからない。

残りわずかな人生かもしれんし
まだ折り返し地点にもなってないのかもしれん。

だから日々を、ひとつひとつを
流さず生きなくちゃ。

もちろん後悔する事だって大切。
その後に逆転ホームランを打てばいいだけ。

それも楽しいじゃん。


今年も残り1ヶ月。

そろそろ俺の打順だな。


スポンサーサイト
2007.11.27 ここからさ。
今居る場所から前を見て。

今が0と思って始めりゃいい。

失敗を取り戻そうとか
マイナスから0に戻そうと思うと
腰も重たくなるからな。

だからここから1歩づつ。

日々積み重ね。

そんな感じで本日27日は渋谷アピアLIVE。

出番は3番目かと思うので19時50分頃からかな。


今宵はマリッジブルーで日々ヤケ酒のアンタに捧げる「独り雨」!!

いや・・・真っ黒な自分を洗い流せとばかりの「独り雨」!!

ここからさ!
今居る場所から前を見ろ!


   「独り雨」

これで良かったんだ 言い聞かせた帰り道
マンホールで心に 蓋をして
色んな事があったけど 最後位格好つけたかったんだ!

雨が降れば ずぶ濡れになって
ボロボロでぐしゃぐしゃに
水溜りに浮かんだ ふやけた煙草の吸殻みたいな俺さ


困ったもんだな 独りぼっちになってみて
何も出来ない事 今さら気付いた
顔じゃ笑っても しがみ付いたままさ
結局涙も見せられないまま

アスファルトにこびり付いたガムみたいな俺を
土砂降りで打ち付けて 洗い流しておくれよ
踏まれる度に 真っ黒になっちまった俺を


これで良かったんだ 言い聞かせた帰り道
マンホールに耳を傾けりゃ
責任逃れさ 自分が可愛い
もう独りの俺の声が響いてる

雨が降れば ずぶ濡れになって
ボロボロでぐしゃぐしゃに
水溜りに浮かんだ ふやけた煙草の吸殻みたいな俺さ

    




いやはや。

寝不足オンザロードのきっかけをくれた
千年弘高 公式HP「人間の響き」が
だいぶ前に完成してたんだけどお伝えするの忘れてたじゃん 笑

LIVE音源も聞ければ伝記も読める!
LIVEの写真から首長族の写真まで何でもあり!

寿命縮めて作ったので
見てやってくださいな。




千年弘高 公式HP ~人間の響き~





昨夜はスタジオに籠もって
深夜から朝まで
ひたすらカバー曲なんてして遊んでみた。

カタカナ英語でボブ・デュラン♪

取り合えず今夜は松田優作のライブDVD見ながら
ビールを飲んでしまってるのだけど、

イマイチな曲でも
その存在感で圧倒してくれるもんで
ROCKだなぁと。

歌もうまかないが、
そんな事はどうでもよくて
こういう事なんだよなぁと。

きっと存在感もなく
表現力を感じないなら
歌のうまさ、楽曲の良さを求めてしまうんだろうなぁ。
と。

いいねぇ。

今月27日の渋谷アピアLIVEが
楽しみになってきたな。

2007.11.22 闇夜のダンス



結局、歯車はかみ合わないまま今月も終わろうとしてる。

予定では今月の今頃はああなってこうなって。
年末に向けてテンションが最高になってるはずだった。

自分が許せず
自分が嫌いで

落ち込んではみるものの

結局は自分に甘え
結局は自分が好きで

息を切らして走ってるつもりでも
同じ場所をぐるぐると
また1周しただけ。

ようは時間の使い方がヘタ過ぎる。

例えば
家で2時間、TVやネットの前でぼけっとしてるのを
1週間したら14時間。
1ヶ月したら60時間。
1年したら720時間。

その2時間も音楽にあてられたら
1年で720時間の差が生まれる。

この差はデカイんだな。


10年前。
背負うものが何もなかった。
自由に時間を使い、仕事も自分に合わせて変え続けた。
今思えば気楽な様に思えるけど、今より人生の危機感があった。

背負うものが増えた今。
支えるべき家族。背負った負債。立場ある仕事。
大人になったと言えばそれまでだけど
腹が立つほど感じなくなってる危機感。

今投げ出したら全部、ぶっ壊れる変わりに危機感は募るだろうな。

そりゃそうだ。


なんだか愚痴ばっかり。

結局やりたきゃやれよ!
ってだけの話しさ(笑)

よくねーなぁ。

写真はちょうど10年前、ビーチボーイズ全盛だった頃ね。

今夜もアザだらけの拳下ろせぬまま
独りよがりのダンスは続いてく・・。


  「闇夜のダンス」

いつも誰かの幸せと 自分の幸せ物差しで
計りながら安心したり 焦ったり

誰かの言葉に左右され 自分を見失ってばかり
攻める事で 壁を作る事で この手で閉ざしたままの光

独りで闇の中踊ってる
アザだらけの拳 下ろせぬまま
今夜も独りよがりのダンス


頭を抱えて悩んでも 取り越し苦労が大抵で
出来ない理由を見つけ出して 偉そうに

心のかさぶた剥がす事で 感じる痛みで慰めて
悲劇のヒロイン気取りで ネオン街へ消えるピエロ

独りで闇の中踊ってる
アザだらけの拳 下ろせぬまま
今夜も独りよがりのダンス

残飯に群がるカラス 優しい朝日が照らす
手を伸ばせば届きそうな空だ だけどその1歩が遠く
目の前のカラスだって
自分の意思で切り開こうとしてる
楽しそうなダンスだ

独りで闇の中踊ってる
アザだらけの拳 下ろせぬまま
今夜も独りよがりのダンス

2007.11.12 少しづつ



今宵は思いっきりこの歌がぴったりな気分で
ビールをぐいっと♪

またスペシャルなバンドと
この歌をシャウトする季節になって来たしな。

年末のイベント。

「plaplanight」

最後はもはや定番となったこの曲で。

今からワクワクするぜぃ!


場合によっちゃ、今回が最後になるかもしれんしな・・。

ホントにこの曲を作って良かった。
ホントにこの曲が沢山の思い出をくれた。


男には、負け戦になるとわかっていても
可能性が1%でもあるなら
挑まなくちゃいけない時ってのがある!

立ち止まってたらいけないよ。
少しづつ 前へ 前へ。


  「少しづつ」

明日が見えないと 背を向けて歩いてたね
今思えば 後ろ向きで歩いてたら
躓いてばかりなのも 当たり前だな

涙零れたあの日も 涙の海に飛び込んで
やけになって泳いでたら
気付けば 笑い合ってた

朝日が昇り始めた 眩しすぎる空の下
僕達は 躓きながら 少しづつ
前へ 前へ

明日が見えないと 俯いて座り込んだ
今 思えば何も見えないんじゃなくて
何も見ようとしてなかっただけの頃

空に何も映らない
だからこそ何にでもなれる
そうやって強がったりして
気付けば 笑い合ってた

終わらない雨はない 時々は雨宿り
僕達は 焦りながら 少しづつ
前へ 前へ

笑い転げ 心満たして
独りになって また不安になって
それでいいさ それがいいのさ
不安になるから また明日を探す

朝日が昇り始めた 眩しすぎる空の下
僕達は 躓きながら 少しづつ
前へ 前へ




2007.11.09 歯車



何か最近、歯車が合わない。

ガス欠状態か・・
不眠症のツケか・・
ベクトルが音楽へ向かない・・・。

大事なモノをなくしたり。

仕事も覇気なし。


少し投げやりになって、遠くから自分を見てる。

おやまあ。

疲れた顔してババンバン。

少し自分を洗濯しなさいな。


うん。
そうする。






10月31日 新大久保『CLUB Voice』

相棒のギブソンに穴を空け、ストラップの装着が可能になり
初めて立ちのステージっ!!

もう言い訳は出来ない。
でもこれが自分のスタイル。
胸はって暑苦しい程の感情をぶつけるんだ。

さらに「影法師」初披露LIVE。
こだわって作った曲がステージでどう化けるか!

・・・・蓋を開ければ

・・・・血まみれのステージとなった。




1.蓋
2.闇夜のダンス
3.声にならない声で
4.影法師
5.灰色の残飯
6.プカプカ

悲劇は「影法師」の時だった。

「あ・・。痛てぇ・・。」

歌いながら指を見たら血まみれだった。

そんなの関係ねぇ♪って熱が入り
次の「灰色の残飯」でギターを掻き鳴らして
熱くなって血は噴出して、ピカピカだった新しいギターのボディまで
血まみれになっちゃった。

こりゃ中古じゃ売れねぇなぁ(笑)




やっぱり立って歌うのと座って歌うのじゃ全然違う。
正直、演奏はめちゃめちゃになってしまうが(笑)

気持ちよさって所がね。

「影法師」も練習じゃ完璧で、歌もノリも心地よかったんだけど
ステージ上だと別だね。。
もっと練習が必要とつくづく実感・・。

いやぁでもね、対バン相手も良かったしハイネケンはうまいし
やっぱLIVEはイイっ!

2007年残り2ヶ月っ。。
このままじゃ終われねーー!
ちょっと、今はまだ大きな事は言えないが
世の中が楽しくなる様に動いておりますので期待してて良しっ!

来月は1本のみっ!
11月27日(火) 渋谷アピアっ!!